セミナー詳細

開催日時
2021年3/10(水)
13:00〜16:00
※こちらのセミナーは「会場」と「Web」で同時開催いたします(選択制)
開催場所
東京:テクノ経営セミナールーム+ウェブライブ配信

間接・技術部門大改革

~ コロナ禍で見えた!新常態時代の業務効率化と収益拡大策 ~

SNSで記事をシェアする:

  • LINE
新型コロナウィルスの影響で多くの企業では受注が減少しております、しかし、コロナ禍の現況は競合との戦いで受注を勝ち取り、利益を上げる好機とも言えます。日本企業は今回のコロナ禍をきっかけに強制的に仕事のやり方を変えざるを得ませんでしたが、不透明な今後をどう生き抜くかというヒントが得られたのも事実です。従来から日本企業における間接・技術部門の生産性は諸外国と比べ非常に低くまた、恒常的に忙しく「負のスパイラル」に陥り、利益を喪失しているケースが多く見られます。本セミナーではこの窮状から脱出し、受注・利益拡大をするための大改革の考え方、進め方など最新の具体的事例を交えてご紹介致します。

【講演内容】
■間接・技術部門大改革を成功させる条件とは
■間接・技術部門の生産性を数値で捉える方法
■間接・技術部門の生産性向上と活人化事例
■収益目標を阻害するQCD各観点の問題点と原因
■設計開発力強化の改革手法とその具体的事例

担当講師

株式会社テクノ経営総合研究所  
大野 浩行
総合電機メーカー及び食品メーカーにおいて、収益向上プロジェクト、新製品垂直立上げPJリーダーとして早期に工場利益拡大とその体質改革を実現。設計開発〜製造を通した課題解決力が豊富。 間接・直接部門の品質ロス撲滅、コストダウン、納期短縮、生産性向上活動を通しての意識改革と経営数値を変える体質強化コンサルティングは顧客から高い評価を得ている。
株式会社テクノ経営総合研究所  
南野 嘉也
総合機械メーカーにて幾多の動力伝達装置の企画・開発・設計に従事。さらに品質保証・製品検査およびISOなどの外国規格にも精通する多機能エンジニアとして幾多のプラント関連プロジェクトに参画する。その後、技術部門の管理者として業務のシステム化、生産性向上に取り組み成果をあげるかたわら多くのエンジニアを育成した。その後、テクノ経営総合研究所のコンサルタントとなり、現在に至る。

開催要項

開催日時
2021年3月10日(水) 13:00〜16:00
※こちらのセミナーは「会場」と「Web」で同時開催いたします(選択制)
開催場所
東京:テクノ経営セミナールーム+ウェブライブ配信
受講料
 通常料金(税込)10,000円  
HP申込 割引料金(税込)8,000円

パンフレット

FAXでのお申込みも可能です。

※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願いいたします。

パンフレット