セミナー詳細

開催日時
2020年9/3(木)
13:30〜16:30
開催場所
広島:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅北口

半分のコストでつくる。

SNSで記事をシェアする:

  • LINE
 新型コロナウイルスが猛威を振るい、多くの製造業が打撃を受けている。果たして、この有事に備える方法があったのだろうか。リスクヘッジのための複数社購買、多拠点生産、多角化などの手段は、いずれも機能しなかった。そんな中でも動じなかったのは、利益率の高い企業である。先行き不透明なアフターコロナの世界、コストダウンの取り組みは、至上命題である。
---------------------------------------------------------------
【第1章】 製造業が取るべき針路(アフターコロナの世界)
【第2章】 価値からのアプローチ(ムダ探しではコストは減らない)
【第3章】 過剰品質からの脱却(QCDSの正しい序列)
【第4章】 つくりやすさの追求(フィードバック機能の復活)
【第5章】 間接部門の生産性向上(フロントローディングの推進)
【第6章】 改革のストーリー(半分のコストでつくる手順)
---------------------------------------------------------------

担当講師

株式会社テクノ経営総合研究所  
平井 康之
大手化学メーカーにおいて、設備部門マネージャーとして設備開発や新工場立上に従事。また、改善プロジェクトリーダーとして様々な品質改善、生産性向上等に尽力した。この経験を通して、「モノづくりは、ヒトである」という考えが強まり、一念発起し、現職に転じた。全従業員を巻き込んでいくヒューマン コンサルティングは、クライアント企業より、高い評価を得ている。

開催要項

開催日時
2020年9月3日(木) 13:30〜16:30
開催場所
広島:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅北口
受講料
 通常料金(税込)8,000円  
HP申込 割引料金(税込)6,400円

※ご好評のうちに開催終了いたしました。
ASAP申込

パンフレット

FAXでのお申込みも可能です。

※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願いいたします。

パンフレット