ものづくりや改善活動に必要な技術・技能の
基礎力アップのためのセミナー

職場リーダーのための 『現場で使える5S・工程改善実践術』

セミナー内容

「改善」はお金をかけず、知恵を出して行う!
--------------------------------------------------------------
大手家電メーカーの元・IEトレーナーが語る、ここが分岐点!できる現場とダメな現場の違い
--------------------------------------------------------------
【ラクして成果の上がる「楽々IE改善」の極意】

「その1」ものづくり改善は5S活動からはじめる
「その2」IEは「動作経済の原則」と「モーションマインド」を身につけよ!
「その3」カイゼンはモチベーションが命、できることから取り組むべし!
--------------------------------------------------------------
【セミナー概要】※セミナー内容は一部変更になる場合がございます。
(1)改善しなければ生き残れない
 ◆日本産業を取り巻く問題点とは?
 ◆生産性向上が避けられない理由
 ◆技術技能伝承も深刻、標準作業が必須
(2)改善活動が理解されているか?
 ◆改善の目的と必要性を説明できますか?
 ◆現場のみんながやる気になるモチベーション向上法
 ◆「現場のみんなで決めて、みんなで守る」を繰り返し行うための仕組みづくり

【演習】この工場をチェックしてみましょう
(3)なぜ改善活動が失敗するのか?
 ◆改善活動に取り組んだが、うまく進まない
 ◆IE(インダストリアルエンジニアリング)とは?
  なぜ使われなくなったのか?
 ◆5Sができなければ改善活動を行っても中途半端に終わる
 ◆改善の基本である5S・見える化の楽な進め方とは?
(4)楽々IE改善の着眼点とヒント
 ◆5S活動から改善への道筋
 ◆時間測定(ストップウォッチ)よりも先に行うべきこと
 ◆「動作経済の原則」と「モーションマインド」を身につける
(5)より効果的に進めるためには
 ◆実践事例に学ぶことは改善活動の大きなヒントになる
 ◆実際に成果をあげている手法を学び、現場改善に応用しよう
 ◆改善PDCAをどんどん回し、改善活動を定着させよ
 【事例紹介】改善活動の実践事例
(6)改善を楽しく継続させるためのヒント
 ◆全社でやろうとしても足並みが揃わなくなるのはなぜか
 ◆反対する人、やろうとしない人は必ず出てくる 2:6:2の法則
 ◆モデル職場で進めるのか、全体で進めるのか?
 ◆マンネリに陥る、停滞する、時間がない…にどう対処するか
 ◆「継続は力なり」現場改善が続けられる楽な進め方
--------------------------------------------------------------
【今日からできる「お金をかけない現場改善」ノウハウを伝授!】

「楽々IE改善の着眼点」
●動作経済の原則 
 原則1:動作の数を減らす
 原則2:両手は同時に使う
 原則3:移動距離の短縮
 原則4:動作を楽にする
●改善の4原則 ECRS
 Eliminate:排除
 Combine:結合
 Rearrange:交換
 Simplify:簡素化
●モーションマインド

「楽々IE改善のメリット」
 ・職場のモチベーションがアップする
 ・職場のムダ、問題発見力が身に付く
 ・難解な時間計測や解析手法を使わない
 ・人材育成や技能伝承に役立つ
 ・短期間で改善成果が実感できる
 1.疲労と熟練の軽減 ⇒ 「楽に」
 2.品質の安定と向上 ⇒ 「良く」
 3.時間と期間の短縮 ⇒ 「速く」
 4.原価の低減    ⇒ 「安く」

担当講師

■株式会社テクノ経営総合研究所  来嶋 一弘

1958年生まれ。同志社大学工学部卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック)に入社。 本社生産技術部門で社内用生産設備の制御・計測機器の開発設計を担当した後、各事業場の現場改善・生産革新推進に従事。同時に全社IE認定委員会の副主査として、社内認定であるIEトレーナー養成研修を担当し、IEトレーナーの育成を行う。 2015年に独立。「楽々改善」を提唱し、現場改善コーチとして改善を推進できる人材の育成、Webや電子ブックによる改善ノウハウの情報発信を行っている。楽々改善舎/代表 現場改善コーチ

開催要項

【 開催日時 】 2019年3月14日(木) 10:00〜16:30
【 開催場所 】 大阪:株式会社テクノ経営総合研究所 大阪オフィスセミナールーム7F
【 受講料 】  通常料金(税込)32,000円  

※ご好評のうちに開催終了いたしました。
ASAP申込

パンフレット

FAXでのお申込みも可能です。
※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願いいたします。
パンフレット

経営革新セミナー一覧 技術セミナー一覧