[自動投稿:セミナー]近畿 故障ゼロ、チョコ停ゼロを実現する 『設備保全活動の仕組みと手順』 トラブルの源流対策から再発防止、未然防止の取り組みまで

工場設備の老朽化等で多発するチョコ停や故障は生産計画に大きな影響を及ぼします。
いつも同じトラブルを繰り返し、応急対策でしのいでいるということはないでしょうか。
設備トラブル再発と未然防止には、全社的な設備保全活動の体制づくりが必要です。
本セミナーでは、工場全体で取り組む効果的な設備保全の進め方を事例と演習で学びます。
————————————————————
【プログラム】
1. 設備保全レベルの実態評価
 ・チェック表による自己評価
2. よくある設備保全の弱点と盲点
 ・現場の実態—設備保全はやっているが故障が減らない
 ・設備の老朽化—故障件数が多く、対症療法に終始
 ・専門保全が弱い―兆候段階での予防ができていない
3. 設備保全とは
 ・設備保全の種類
  事後保全(BM) 予防保全(PM) 
  改良保全(CM) 保全予防(MP活動)
 ・事後保全から予防保全へ
 ・専門保全と自主保全の一体化
4. 専門保全活動の進め方 
 ・専門保全活動の強化策
 ・計画保全システムの構築
 ・慢性故障原因分析の進め方
 ・他社事例の紹介(なぜなぜ分析による再発防止策)
5 . 自主保全活動の効果的な進め方
 ・自主保全と専門保全の分担
 ・自主保全の力を最大限に引き出す方法
 ・オペレーターによる自主保全活動(未然防止)
 ・具体例で学ぶ自主保全活動の進め方
6. 他社事例紹介 【改革のシナリオ】 
  故障削減の仕組みづくりで設備起因の慢性不良対策
  モデル設備を対象とした自主保全活動の水平展開
7.演習
 【演習1】 故障原因分析(慢性故障原因分析)  
 【演習2】 自主保全活動計画の立案
8.質疑応答

※セミナー内容は一部変更になる場合があります。