[自動投稿:セミナー]近畿 新たな創意と発想で取り組む5S活動の進め方 生産性向上やコストダウンに役立つ実践ノウハウの紹介

『人材育成を目指した活動へのマインドセットによる継続性向上』
—————————————————————
【POINT】
5Sの継続性を向上させる新たな視点での取組み方法を習得できます
—————————————————————
モノづくりのデジタル化が進む中、5Sや改善活動にも新しい発想が求められています。従来の固定観念にとらわれるのでなく、「楽に楽しく実践でき、成果につながる改善活動」を継続してこそ、現場力や問題発見力の強化が期待できます。
セミナーでは、改善の基本である5S活動に焦点を当て、生産性向上やコストダウンなどに役立てる実践ノウハウを紹介します。
—————————————————————
【プログラム】
1.5S活動が停滞する理由
 ・5Sは赤札作戦とチェックシートで停まる
 ・令和の5Sとは?
 ・生産性向上が避けられない理由
 ・楽に楽しく5Sを進める技(わざ)
 ・3Sは「整理→清掃→整頓の順」に進める
2.「整理」 ムダのない現場をつくる
 ・必要なモノは意外に少ない―捨てる決断力
 ・要るもの、要らないものをどう見極めるか?
 ・「整理」は片付けではない
 ・「整理」とは変化そのもの
3.「清掃」 ピカピカの現場なら異常が見える
 ・「整理」後の初期清掃でピカピカにする
 ・点検清掃から保全清掃へレベルアップ
 ・清掃用具にも気を配る
 ・発生したゴミの量を「目で見る管理」する
4.「整頓」 取りやすく、戻しやすいこと
 ・「整頓」の準備として「整列」を実施する
 ・「整頓」とはモノの置き方(直角平行)
 ・多品種変量生産に対応した「整頓」方法
 ・動画撮影で行う作業台の見直し
5. デスクワークの5S
 ・事務所には要らないものがいっぱい
 ・机の引き出しを有効に使うコツ
 ・パソコン作業のムダをなくす
 ・やっかいなファイル探しのムダ
 ・見える化で情報共有
6. 「清潔」と「躾」で停められない5Sに!
 ・「清潔」とは3Sを維持する仕掛け
 ・「躾」とはみんなで決めたことをみんなで守ること
 ・5S活動の社外交流と外部発信
7. 5Sを楽しく継続させるためのヒント
 ・全社でやろうとしても足並みが揃わなくなるのはなぜ?
 ・反対する人、やろうとしない人は必ず出てくる−2:6:2の法則
 ・モデル職場で進めるのか、全体で進めるのか?
 ・マンネリに陥る、停滞する、時間がないにどう対処するか

※プロググラムは一部変更になる場合があります。