[自動投稿:セミナー]近畿 企業価値向上に向けた外注・調達戦略の具体的方法 自動車業界の考え方とノウハウを提供

『購買部門のコストダウン実現による利益創出』
—————————————————————
【POINT】
購買・調達部門の最先端を行く自動車メーカーの貴重なノウハウを
習得することができますPOINT
—————————————————————
100年に一度という改革の時代にある自動車業界では、大規模な調達戦略の変革が進んでいます。購買部門が社内で中心的役割を担い、サプライヤを育成。主な取引先に対しても原価意識を持ってもらえるようにカイゼン指導を繰り返してきた自動車業界の考え方とノウハウには学ぶべきものがあります。
本セミナーでは、自動車業界の調達バイヤーとして第一線で活躍してきた講師が、多くの経験と実績をもとに、外注・調達戦略と原価計画で進めるコストダウンについて詳しく解説いたします。調達価格の適性判断、コストテーブルの作成と活用、取引先との交渉ノウハウ、部門を越えた開発購買の進め方など、これまで外注・調達担当者の勘や経験則に依存してきた部分を科学的に解明。自社で活用できるコストダウンの理論と実践を講義と演習を通じて習得していただきます。 
—————————————————————
【プログラム】
1.調達機能の重要性
 (1)自動車業界に見る変革時代の調達戦略
 (2)のづくりにおける調達の関わり
 (3)産活動と調達(4M・QCD)
 (4)購買(ルーチン)と調達(バイヤー活動)
2.調達機能のフレームワーク
 (1)調達は会社経営全体に係る戦略部門
 (2)達ミッションの重要性
 (3)イヤー(調達担当者)の役割
 (4)別発注方針(戦術)の立案
 (5)達基盤の構築
3.調達戦略の立案(演習)
4.原価の基礎知識
 (1)価主義と原価低減)
 (2)原価低減の対象
 (3)原価の3要素と生産量の関係(変動費・固定費)
 (4)営業利益と限界利益
 (5)損益分岐点の考え方
5.コストテーブルの作成(演習)
6. コストを下げる7つのノウハウ 
 (1)コストに対する考え方
 (2)こんなやり方では原価低減は続かない
 (3)コストを下げる7つのノウハウ
  ・仕入れ戦略(方法)の検討
  ・内製化と外製化を使い分ける
  ・競合環境を作る(発注レイアウト)
  ・目標価格の提示(コストテーブルの活用)
  ・現地現物で査定する
  ・低コストで製造できる図面にする(原価企画、開発購買)
  ・量産後の原価低減(仕入れ先による改善、物流費低減)
 (4)仕入先との交渉術について 
7.押さえておくべき調達改革の基本
 (1)基本的な在庫管理
  ・発注方式 ・ABC分析による重点管理 
  ・在庫削減は5Sから
 (2)トヨタ生産方式
  ・JITと自働化と調達 ・製造現場7つのムダ
 (3)財務の基礎知識 
  ・決算書の読み方(損益計算書、貸借対照表) 
  ・押さえておくべき仕入先の決算内容
 (4)海外調達で注意すること(取引条件の基礎知識)
 (5)取引契約の基礎知識(契約書、守秘義務契約等)
 (6)下請け法について(4つの義務と11の禁止事項)
 (7)継続的な取引を続けるキーポイント

※プロググラムは一部変更になる場合があります。