[自動投稿:セミナー]関東 必ず成功させる間接部門改革 間接部門の生産性が低いメカニズムとは

2019年に施行されました「働き方改革関連法」が2年目に入り、2020年は大企業に対し同一労働同一賃金の義務化、中小企業には時間外労働の上限規制がスタート致します。また、人手不足に加え最低賃金の引上げから、企業はより一層生産性向上を進めないと経営が厳しくなります。
特に間接部門は、仕事の進め方が属人的、部門間の責任範囲が不明確、生産性の指標がない、数値化ができていない、よって仕事の効率が見えない等課題が山積しております。本セミナーでは「間接部門の生産性向上」に焦点を当て、改革のポイントとその進め方を最新事例と共にご紹介し『真の働き方改革とは何か』を追求します。
—————————————————————
【講演内容】
 ■ いま、間接部門改革が必要な理由とは
 ■ 間接部門改革を成功させる条件とは
 ■ 間接部門の生産性を数値で捉える方法とは
 ■ 経営数値につながる間接改革事例
 ■ 自ら改革を進めることが出来る人と組織とは!