[自動投稿:セミナー]九州 製造業が再認識すべき モノづくりの本質 成長を実現するための『土台』を作る

モノづくりの本質は、不断のモノの作り込みの中で、自然と不具合が解消され生産性が向上していくことにある。しかし、多くの企業は人手の確保、市場要求や法規制への対応に終始し、数年前と比較し大きな変化が見いだせない状況にある。
一方でモノづくりの進化を実現している企業は、自動化やIoT等に果敢に挑戦し、結果を出している。何が違うのか?今の時代にこそ進めるべき「経営トップが実践すべき工場マネジメントのあり方」について、事例を交えてご紹介させて頂きます。
————————————————————–
【講演内容】
 1.経営指標では人は動かない。人のモチベーションを向上させる改善指標
 2.小集団活動は形骸化している。問題発見力を高め、成長する気づき活動
 3.製造工程改善だけでは限界がある。経営成果を最大化する上流工程改善
 4.中堅社員が効果的に機能しない。ミドル自身の使命に気づく人材育成法
 5.準備不足の自動化は失敗する。投資対効果を最大化する自動化プロセス