[自動投稿:セミナー]九州 経営改革を成功に導くトップマネジメント

「働き方改革」による残業規制が進行する一方で、製造現場では深刻な人手不足が蔓延している。 更に高品質/多品種小ロット等、市場要求は厳しく、現状の生産性の維持すら難しい状況にある。この現状を打開すべく、自動化・ロボット導入を加速する動きもあるが、成功している企業は少ない。では、この現状を打破する秘訣とは何なのか? その答えは「従来の工場マネジメントからの脱却」にある。
本セミナーでは、今、「経営者が実践すべき工場マネジメントのあり方」について、事例を交えて分かり易くご紹介させて頂きます。
————————————————————–
【講演内容】
1.経営指標では人は動かない。人のモチベーションを向上させる改善指標
2.小集団活動は形骸化している。問題発見力を高めるフィードバック活動
3.製造工程改善だけでは限界がある。経営成果を最大化する上流工程改善
4.従来の教育制度は弱体化している。人材流動化に適応できる人材育成法
5.準備不足の自動化は失敗する。投資対効果を最大化する自動化プロセス

最近の投稿

アーカイブ