[自動投稿:セミナー]関東 大変革期における「意思決定」改革 トップ・ミドル・ボトム「協同」で実現する生産革新

■□ 成功要因は「四つの力で価値連鎖機能の創出」□■
————————————————————–
 未曽有の「少子高齢化」による労働人口の減少、労働意識の変化、働き方改革等、激変する就業環境、世界的規模での先の見えない不安定な政治・経済環境等、日本の製造業が永遠に競争優位として継続的に成長してゆくには、もはや「従来の改革・改善」では厳しい環境と云えます。その意味で製造現場には大胆な「改革・変革」が必要不可欠です。その様な視点から、今回のセミナーではどの様な「新しい切り口で改革・変革」を図り、付加価値生産性を高めるかの「施策」を具体的な事例と併せてご提案致します。
————————————————————–
【講演内容】
(1)大変革期の社内・外の環境変化とは
  ・労働力不足、技術・技能低下の危機意識大
(2)多くの企業で見られる改革の失敗要因は?
  ・現象事実を客観的な指標で捉えているか
(3)この大変革期の「生産革新」のあり方
(4)なぜ、大胆な「意思決定 改革」が必要か
(5)付加価値が出せる改革の戦略とプロセスは
 ・VPM活動の基本的な方針(体制&仕組み)
 ・VPM活動の具体的な導入手順&事例
(6)参加各社の課題に応えるアドバイスコーナー
※状況により内容が若干変更となる場合がございます

最近の投稿

アーカイブ