[自動投稿:セミナー]近畿 迷える現場を変革する!えちぜん改善舎・越前行夫の 『5S・見える化実践道場』 演習中心で基本から実践がよ~くわかる! 今すぐできる利益創出の実践ノウハウ!

【ねらいと特色】
(1)ものづくりの基本である “5S・見える化”の原理・原則を理解する!
(2)標準作業化や段取効率化、ポカミス防止などに応用するノウハウを学ぶ! 
(3)社内の改善活動に“5S・見える化”を有効に活かすヒントをつかむ!
————————————————————–
“5S・見える化”の目的は、単にカタチを整え、現場をキレイにすることだけではありません。
“5S・見える化”の神髄は、社内標準化や段取り改善、ヒューマンエラー防止、構内物流の効率化などに結び付けることにあります。
本セミナーでは、 “5S・見える化”を生産性や品質向上に役立てるための実践方法を演習を通じて習得します。
————————————————————–
1.5Sをトコトン理解する!
 (1) 5Sとは何か
 (2) たかが5S、されど5S、優良企業は5Sから
 (3) 5Sの重要性と深さを理解する
 (4) 5Sのメリットを学ぶ
2.正しい5Sの進め方を学ぶ  
 (1) 整理は基準と勇気
  ・活休死と赤札、迷い箱
  ・サウスウエスト航空に学ぶ整理の極意
 (2) 清掃はいつも常に
  ・白いウエスで清掃の見える化
  ・TDLに学ぶ清掃の極意
 (3) 整頓は工夫と見える化
  ・工場内にコンビニを作る
  ・セブンイレブンに学ぶ整頓の極意
   (整頓の3要素とは?)
 (4) 3S「5つ道具」を活用する
3.見える化とは何か?
 (1) 「見る」と「見える」は大違い
 (2) 何が、いつ、誰に、どのように見えるのか
  ・信号に学ぶ「見える化」のポイント
 (3) 見える化はなぜ必要なのかを考える
  ・見えない化の7つの弱点
 (4) 見える化の8条件を学ぶ
4.5Sと見える化で現場が変わる!
 (1) 標準作業と5S,見える化の関係を学ぶ
  ・5S無き所に標準はなし
  ・標準無き所に改善はなし
 (2) 異常管理と5S,見える化のつながりを学ぶ
  ・目で見る管理とは?
  ・見える化の3要素とは
 (3) かんばん(プルシステム)と5S,見える化
  ・プルシステムは間接の自動化
  ・ストア6原則とは?
 (4) 造り込みの品質と5S,見える化
  ・製品品質と動作品質
  ・造り込み品質の2原則とは
 (5) 段替えと5S,見える化
  ・段替えの4工程
  ・F1に学ぶ段替えの極意
5. まとめ
 (1) 5Sと見える化のポイント
 (2) リクエストカードの回答
 (3) 見える化実践7訓
 (4) 見える化いろはかるた
 (5) やってみようシート
6. 質疑応答(個別相談)
————————————————————–
※こんな症状をお持ちの方は至急ご受講ください!
 ◆ 仕事の「整理・整頓」ができていない
 ◆ モノを探す時間が長く、ポカミスが多い
 ◆ きれいにするだけの5Sになっていいる
 ◆ 改善活動が停滞し、アイデアがでない
 ◆ お客様に見せられる職場ではない