[自動投稿:セミナー]近畿 その「無頓着」が工場を弱くする! 熱意とこだわりを持った積極的モノづくりの実現

“頓着”とは“こだわる”こと。しかし間接部門も含め多くの現場では“無頓着なモノづくりの現場”が増えています。無頓着とは深化の放棄であり、かならず将来のモノづくり力を低下させます。
モノづくりに対するこだわりを持ち、先頭に立って常に工場・現場を変えていくのは管理監督者の責務と言えます。本セミナーで、無頓着からの脱却と“こだわりのモノづくり”について考えます。
————————————————————-
【講演内容】
1.モノづくりの現場の様々な無頓着を検証する
  ・現場の数字に無頓着 ・現場の時間に無頓着
  ・現場のムダに無頓着 ・物の置き方に無頓着  
  ・部門間連携に無頓着 ・モノづくりへの無頓着…etc  
2.なぜ無頓着が起きるのか
3.体系的かつ継続的改善活動で無頓着を排除する
4.管理監督者の仕事は“こだわること”<img src=\’https://www.tmng.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/techno/seminar/img/2248_01.jpg\’>