[自動投稿:セミナー]近畿 管理・監督者、職場リーダーのための 『余裕を生み出す時間活用術』 止まらない時間を先回りして使う

【こんな症状でお悩みの方は至急ご受講ください!】
 ・業務負荷が増えて、改善活動や部下指導をする余裕がない
 ・日々の仕事に追われ、気が付いたら今日も一日が終わっている
 ・会議やミーティングが多く、余分な資料づくりに追われている
 ・整理・整頓が苦手で、探し物に時間がかかっている
————————————————————–
【プログラム】
(1)時間活用の5原則を知る
 ・時間の特性とは
 ・時間活用5原則とは
 ・時間の上手な使い方
(2)自分の仕事を知る
 ・自分の業務、課題を書き出す
 ・仕事の優先順位を明確にしているか
 ・マトリックス(重要性・緊急性)
 ・リーダーの役割は管理と改善
 ・仕事の3区分について
(3)時間活用5原則を習得する 
 1.第1原則(廃止する) 【解説・事例・演習】
  ・有限な時間を有効に使う(ムダなことはやめる)
  ・仕事の価値を自問自答する
 2.第2原則(即実施する)【解説・事例・演習】
  ・貯められない時間をその場で使う
  ・すぐにやるくせをつける(巧遅拙速)
  ・現場とは問題が「現」れる「場」所
 3.第3原則(集中する) 【解説・事例・演習】
  ・戻らない時間を密度濃く使う
  ・今に集中する
 4.第4原則(活用する) 【解説・事例・演習】
  ・貸し借りできない時間を賢く使う
  ・人材を活用する、人材を育てる
  ・失敗を活かす
 5.第5原則(準備する) 【解説・事例・演習】
  ・止まらない時間を先回りして使う
  ・着眼大局、着手小局
  ・問題は小さいうちに潰す
(4)自分の仕事に応用する 
   時間活用5原則の応用 【5原則総合演習】
 ・自分の仕事と5原則
 ・どうすれば5原則が応用できるか
(5)まとめ
 ・5原則をもう一度しっかりと見直す
 ・時間活用かるた
 ・「時間活用5原則」やってみようシートの作成

※セミナー内容は一部変更になる場合がございます。
————————————————————–
『実践指導が好評!ひと味違う “テクノ技術セミナー”』

※時間活用の5原則
■時間は有限
「うまく使うには」
  ⇒限られた時間を有効に使う
「そのやり方は」
  ⇒ムダな事はやめる
「5原則」
  ⇒廃止する
————————————-
■時間は貯められない
「うまく使うには」
  ⇒過行く時間をその場で使う
「そのやり方は」
  ⇒できることは、すぐにやる
「5原則」
  ⇒即実施する
————————————-
■時間は戻らない
「うまく使うには」
  ⇒後悔しないように密度濃く使う
「そのやり方は」
  ⇒一つのことを徹底してやる
「5原則」
  ⇒集中する
————————————-
■時間の貸し借りはできない
「うまく使うには」
  ⇒一人で悩まないで賢く使う
「そのやり方は」
  ⇒使えるリソースをうまく使う
「5原則」
  ⇒活用する
————————————-
■時間は止まらない
「うまく使うには」
  ⇒バランスを考え配分を考える
「そのやり方は」
  ⇒先を見る、大きく見る
「5原則」
  ⇒準備する

最近の投稿

アーカイブ