[自動投稿:セミナー]近畿 経営環境変化に適応する 『組織診断によるマネジメント改革』

経営環境の急激な変化の中、貴社の経営課題を克服する力が鈍ってはいないでしょうか?
 ◆収益力の鈍化 ◆売上・シェア拡大の停滞◆人財育成・強化の遅れ ・・・等
経営トップのビジョンや方針が組織の末端まで浸透していない、目標達成力が弱いなどの症状があるならば、正しい組織診断により導き出された、貴社の体質・体力に適合する『組織マネジメント改革』が必要です。
————————————————————–
『経営環境の変化』
 ▼少子高齢化で採用はますます難しくなる!
 ▼市場変化が早く差別化が遅れてしまう!
 ▼EVシフトで自動車部品点数は1/3に!
 ▼グローバル化で競合先がさらに増える!
 ▼ロボティクス、IoT、AIで必要技能が高度化する!
 ▼品質・納期・価格の顧客要求は厳しい!

『内部環境・社内実情』
 ▼従業員の定着率に課題がある!
 ▼現場のパート・業務委託率が高い!
 ▼新製品・新サービスの開発が遅れている
 ▼新規顧客・販売先の開拓が停滞している!
 ▼技能・技術伝承、教育が進んでいない!
 ▼歩留ダウン・工数アップのダブルパンチ!
————————————————————–
【講演内容】
 ■現状を正しく把握・分析し、解決策を導く真の組織診断とは!
 ■なぜ、組織としての問題解決力が弱いのでしょうか?
 ■なぜ、組織としての経営課題達成力が弱いのでしょうか?
 ■経営環境の変化に適応する組織マネジメント改革の実践活動
 ■改善事例紹介:
 (1)中堅企業:低迷する業績から脱却し、経常利益の大幅増達成
 (2)大手企業:活動の停滞を払拭し、経常利益2倍以上を達成
 (3)その他 :化学系、医薬系、半導体系、部品製造系、食品系、他

最近の投稿

アーカイブ