[自動投稿:セミナー]九州 超人材流動化社会における工場再構築 外国人受入の拡大、派遣社員の入退社に対応する

 空前の人手不足は、深刻さを増している。非正規社員だけでなく、正社員さえも、より良い雇用条件を求め、企業を渡り歩く。いよいよ、超人材流動化社会の到来である。今年からスタートする外国人受入の拡大も視野に入れながら、製造業は今、10年後を見据えた工場再構築に着手しなければならない時期にさしかかっている。
————————————————————–
【講演内容】
(1)労働者派遣法、外国人技能実習制度の沿革と、今後の動向について
(2)食品、電機、鉄鋼、医薬、その他、各業種ごとのリスクと留意点
(3)海外企業、国内企業の実績と成功事例から学ぶ、変化適応能力とは
(4)10年後を見据えた、組織づくり、仕組みづくり、人づくりの指針

最近の投稿

アーカイブ